1. ホーム
  2. 内科・外科
  3. 予防接種

花粉症治療

いまや「国民病」とも言われる花粉症。
特に患者さんの多いスギ花粉の時期(2月~4月)は本当につらいですよね。

当院でも、鼻水やくしゃみといった辛い症状を抑える内服薬はもちろんのこと、点眼薬・点鼻薬の処方も行っています。
また当院では、ヒスタグロビン注射(保険適用)も行っていますので、ご希望の方はお気軽にお申し出ください。

花粉症について

季節別 花粉の種類

一番有名なのは春先の「スギ花粉」ですが、それ以外にも花粉症の原因となる花粉はいくつかあります。
みんなと違う時期にくしゃみや鼻水、目のかゆみ、肌荒れなどが起きるようでしたら、別の花粉が原因かもしれません。

2019年春のスギ・ヒノキ花粉飛散予測

飛散量

2019年春のスギやヒノキの花粉飛散量は、例年より例年並み~やや多いでしょう。
前シーズンと比べると、やや少ない傾向です。

飛散開始時期

2019年春の花粉飛散の傾向としては、2月中旬に飛散が始まり、3月に各地でピークを迎え、飛散量は例年より多いとみられます。花粉に敏感な方は早めの対策が必要です。

関東地方のピーク予想

スギ花粉のピークは3月上旬~4月上旬、ヒノキ花粉は4月上旬~中旬でしょう。
東京は、スギ花粉が多く飛ぶ期間が長くなりそうです。

» 2019年 春の花粉飛散予測(第4報)

岩松医院の花粉症治療について

アレルギー性鼻炎(花粉症)の患者さんは、原因となる植物によって、発症する時期、症状、経過が違います。
どんなお薬がよく効くのか、副作用(眠気)の程度はどうか…など、人によって異なります。
一人ひとりの生活スタイルやご希望にあわせて、お薬を選択しますので、お気軽にご相談ください。

また当院では、一般的な内服薬などの処方に加えて、ヒスタグロビン注射を行っています。
ヒスタグロビンとは、アレルギーに効くお薬です。保険の適応もあります。
個人差はありますが、1回の注射で花粉症症状がかなり改善したという方もいらしゃいます。

当院で可能な花粉症治療

  • ヒスタグロビン注射
  • 内服薬/点鼻薬/点眼薬の処方

お薬を飲み始めるタイミングついて

速効性のある薬の開発に伴い、花粉飛散予測日または症状が出始めてからの治療が可能となっています。
お薬によっては、花粉飛散予測日の1週間ほど前からの使用が効果的なものもありますので、ご相談ください。

ヒスタグロビン注射について

花粉症の症状を抑えるために当院が行う治療に、「ヒスタグロビン注射」があります。

くしゃみ、鼻水、鼻づまり、目のかゆみなどのアレルギー症状が出ているときは、体内で「ヒスタミン」という物質が作られています。
ヒスタグロビンは、γ-グロブリン(=免疫グロブリン) という免疫細胞にヒスタミンを加えたもので、身体のアレルギー耐性を高めます。

最近は特定のアレルゲンに対する根本治療(特異的減感作療法)として、スギやダニの舌下免疫療法が出てきましたが、
ヒスタグロビン注射は、すべてのアレルギー疾患を体質から改善する根本治療(非特異的減感作療法)です。(効果には個人差があります)

また、ステロイド注射とは違い、副作用が極めて少ないことが特徴です。

治療間隔

スギ花粉の症状がある場合は、毎年1月から遅くても2月上旬から始めるのがよいと言われています。

1回で効果がある、という方もいらっしゃいますが、通常は、週に2回、注射します。
これを3週(6回)繰り返すことで1クールと考えます。
1クールの投与で、3~4ヶ月間すべてのアレルギー反応を大幅に抑えることが期待できます。

費用

初診は1500円、その後の通院は500円程度になることが多いです。(3割負担の場合)

※お薬が処方された場合は別途お薬代がかかります。
※血液検査が必要な場合は検査内容により3000円~5000円程度がかかります。

アレルゲン(原因物質)検査

当院では、アレルゲン(アレルギーの原因物質)検査を行っております。
検査は採血で行い、約1週間で結果がわかります。
花粉症だと思っていたらホコリアレルギーだった、スギ花粉ではなくヒノキ花粉にアレルギーがあったなど自己診断では適切に対処できない場合があります。自分のアレルギーの原因物質を知ることは非常に大切なことです。
重症化、難治化を防ぐためにも、自分がどの花粉に反応しているかを一度調べてみましょう。

PAGETOP